「直観」をどう読むか?

「直観」をどう読むか?

「直観」は結構あたっている事実!

直観ってありますが、
これってどこまで信じますか?
 
 
私は、歳と共に躊躇する部分
強くなったような気がします。
 
 
 
しかし、事が終わって、
後でよくよく考えて見ると
その直感って、結構あたっていて
 
 
それを信じて
早く行動をしていれば良かった
と思う事が多々あります。
 
 
 
失敗をしないようにと
躊躇する気持ちがあって
何もしないよりは
 
直観を信じて、行動をして
軌道修正が必要な部分は
修正をする。
 
 
この場合、後者の方が
目的に対しては、早くゴール
到着する気がします。
 
 
 

急ぐあまりの「ニワカ情報」!

そして、起業家になって
一番躊躇しなくては
いけないことは、結果を
急ぐあまり・・・
 
 
 
「直ぐに結果がでます」
とか、○ケ月実行をしたら
3桁の売上げが上がりました
 
 
などの、言葉に惑わされて
しまう、弱さではないかと
思います。
 
 
 

原点に戻り全体をとらえる!

「木を見て森を見ず!」
という言葉がありますが
まさにそうだと思います。
 
 
原点に戻り、目の前の事象
だけで一喜一憂するのでは
なく、全体を捉えていくことが
何よりも大切ですね。
 
 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事