古代インドでの人の一生のくくり

古代インドの考え方

昔の人はどう考えたんですか?

時期による役割

古代インドでは年齢による時期と

役割を次のように言っています!

 

 

古代インド

 

 

 
 
25~50歳・・「家住期」
  (かじゅうき)仕事に励み、
   家庭を維持する時期
 
55~75歳・・「林住期」
  (りんじゅうき)仕事を
   離れ、真の生きがいを
   探す時期
 
 
75~天寿・・・「遊行期」
  (ゆうぎょうき)自分の人生
   総括する時期
 
 
 
 

現代に置き換えると・・・

如何ですか?
 
 
現代のサラリーマンに置き換えると
55歳以上は、仕事を離れて生きがい
を探すとあります。
 
 
 
長年会社員だったサラリーマンにとって
仕事を離れる事
が、出来るのでしょうか?
 
 
 
ビジネスマンにとって50代は最終
ラウンドですが、年収がピークのこの
時期に、仕事を離れることは考えづら
い事ですね。
 
 
会社員 サラリーマン
 
 
 
定年が60歳で、再雇用制度で1年更新
65歳までという会社が多いともいます。
 
 
これだけ高齢化社会になると、65歳に
なって、退職後の人生に不安
感じている人が少なくないと思います。
 
 
 
退職後が、これほど長い年月になると
もはや、「余生」とか「老後」
なんていう言葉で表されるような、
のんびりと過ごす人生ではなく
まったく新しい「人生」を送ると
考えたほうが自然ではないでしょうか?
 
 
如何ですか?
 
 
あなたはその準備ができて
いますか?
 
 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事