笑顔だからと安心してはいけない?

笑顔だからと安心してはいけない?

あなたはどんな顔をしていますか?

あなたはご自身の表情
今、どんな顔をされているのか
わかりますか?
 
 
 
 
ご自身では笑顔のつもり・・・
 
 
でも、その顔をそのまま
鏡に映し出してみてください。
 
 
自分が思ったほど、笑っていない
ものだな?
 
 
 
とか、笑っているつもりなのに
顔は笑っていない、
目が笑っていない、
口角が下がった笑い方だった。
 
 
 
など、感じられるかもしれません。
 
 
 
年齢を重ねると重力の関係で
特にこの傾向は強いです(笑)
 
 
 
なぜ、こんなことになるの
でしょうか?
 
あなた自身は、ご自分の顔は
いつも見ることは出来ないですから
チェックが出来なくて
どんな顔をしているのかを
知らないからなんです
 
 
 

身だしなみはチェックしても表情はチェックしない

私は何年もの間、営業の世界
いて、育成もしてきました。
 
 
 
その時に、会社には身だしなみを
チェックするがおいてありました。
 
 
 
身だしなみは整えても
顔の表情までは整えないのですね。
 
 
 
でも、お客さまはあなたの顔を
みながら話をされます。
 
 
 
あなたの顔を見ながら、お話を
聞いてくださいます。
 
 
 
そうなると、あなたはご自身の
表情が今どういう顔をしているのか?
がわかっていることが必要です。
 
 
 
お客さまは、爽やかで感じが良い
人が大好きです。
 
 
 
あなたは笑っているつもりでも
眉間にしわが寄っていたり、
 
口角が下がった笑だったり
 
 
自分の意図する顔でないことが
多いのです。
 
 
 
意識をして自分の顔の
コントロールが出来るように
してください。
 
 
 
やがてそれが、無意識になるまで
意識して訓練が必要です。
 
 
 
鏡を見て、ご自身の顔
整えてくださいね。
 
 
 
お客さまは、あなたの鏡です。
 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事