会社の枠組みの恐さ!!

会社の枠組みの恐さ!!

どんな時代を生きたのか編

定年間際になっても、長年所属して

いた 会社の枠組みから抜け出せず、

悩んでい る人たちが、人知れず思った

より多くおり ます。

 

しかも口にも出せない人たちが多い

のです。

 

      定年 悩み どうする     

 

何故、抜け出せないのでしょうか?

サラリーマン世代では・・・

 

競争社会の中で仕事を暮らしの中心

に据えて いた。

 

仕事が第一だった。

 

・常に気が抜けず、緊張状態だった。  

枠からはみ出せない     など、

 

常に仕事中心でまわる暮らしをして

きま した。

 

 

どうして・・・

 

 

そうでもしなければ、競争社会の中で

勝っていけ なかった状態でした。

 

ある意味、必死で自分のことなど、

二の次で 毎日を送ってきたと思います。

 

 

ある意味、必死で毎日を送ってきました。

 

 

  忙しいサラリーマン    

 

 

ということは・・・

 

そんな仕事中心の中で、 職場以外に

帰属意識を持つ必要がなかった わけ

です。

 

というより持てなかったのかも

知れません。

 

 

サラリーマン時代のコミュニティー

 

会社以外でのコミュニティーは?

会社以外の場所?

 

 家族は核家族化し、親類縁者関係も

儀礼的で 実質的な協力関係も冠婚葬祭

くらい。    

 

地域の協力団体にもほとんど参加をせ

近所付き合いも家庭の奥さんに

任せっきり。

 

それでも成り立ってきました。

 

 

 

ということは・・・

 

個人をベースとした新しいコミュニ

ティーも 出来ていない状態とも

いえます。  

 

 

如何ですか? サラリーマンで会社組織

内だけで長年生きて いると、分から

ない点が多いですが、 こんな生活の

中心である「会社」を卒業する 準備は

できていますか?

 

定年間際で急いで考えるより今から

準備が 必要だと思いませんか?    

 

 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事