10年後になくなる仕事?

10年後に生き残る会社?

生き残る会社と消える会社!

少し前に流行った本に

ハーバードが教える
「10年後に生き残る会社・
消える会社」
というのがありました。
 
内容は・・・

2016年3月28日 – オックス
フォード大学が衝撃的な
データ
を発表した。
今後10年~20年の間に、
米国の総雇用者総数のうち
約47%の人の仕事が
コンピュータにとって
代わられる可能性
が高いと

予測。
 
AI ロボット
 
 
 
そして、

 
多くの仕事、職種がAIと
ロボットに取って

代わられる なかで、
 
 
社会知性の発揮と
 
創造性の発揮を
 
必要とする仕事は
むしろ価値が上がると
されています。
 
 

どんな仕事が生き残れるの?

では、どんな仕事が生き残れる

のでしょうか?

 

要するに
社会的知性と創造性を
発揮するような仕事が
生き残れる仕事
という

わけです。

 

 

過去を振り返ってみると・・・

100年前に雇用の多くを
占めていた

農業と家事サービスの職
大きく減少
をして
オフィス労働者の割合
大幅に上昇
しています。
 
 

今後はどう考えたらいいの?

このように職種の入れ替わりが
今後も続くと
考えられます。

 
事務・管理業務・セールス・
マーケティング・マネジメント
など影響
を受けます。
 
事務職
 
過去のように寿命が
短い場合
20代で知識とスキルを
身につけ
その後は
知識とスキルに再投資を
しなくても生き抜けた

かもしれません。
 
しかし、市場が変化する中で
長寿
にもなった場合、
 
手持ちの知識に磨きをかける
だけでは最後まで

生産性を保てなくなります。
 
要するに
 
自己投資をして
 
時間を取って
 
学び直しとスキルの
 
再習得をする必要
 
が出てきます。
 
 
 
時代の流れをよく見ながら
 
生きていく事が必要ですね!!
 

 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事