アフリカの靴屋さんの話!

アフリカの靴屋さんの話!

靴を売るAさん・Bさん

アフリカの靴屋さんの話
ご存知でしょうか?
 
 
営業の世界にいた人なら
ご存知の方も多いかもしれません。
 
 
どんなお話かというのかと
いうと・・・
 
 
靴を売る営業のAさんとBさんが
アフリカに現地調査に行きました。
 
現地を見て驚いたのは、
アフリカ人には靴を履く習慣が
なさそうなこと
 
 
みんな「裸足」で生活しています。
 
それを見たAさんは
「アフリカ人は靴を履いていない
ので市場ではなく、売れません!
 
 
 
そして、Bさんは
「アフリカ人は誰も靴を履いて
いないので、市場は無限大!
どんどん売れます!
というお話です。
 
あなたはAさんですか?
 
或は、Bさんですか?
 
 

最初に聞いた時の衝撃

この話を一番最初に聞いた時には
衝撃でした。
 
 
思考回路を変えることにより
随分と捉え方が変わるものだと
思いました。
 
私は、この話がとても気に入って
通信会社の営業として入社を
したときの、挨拶に使いました
 
 
通常の人の挨拶は、謙虚に
「一日も早く、業務に慣れるように
努力をしますから、どうぞ宜しく
お願いします。」
 
なんですが、
 
私の場合は、
アフリカの靴屋さんの説明をして
「このBさんのようになれるように
この会社で成績を残したい」
と言いました。
 
 
どこからともなく、
「言っちゃっとよ~~!」
 
という声も聞こえました。
 
 
それでなくても、当時の会社は
女性は定着せず、男性が殆どの
会社で先輩を差し置いて
言っちゃったものですから、
その後の会社での私の立ち位置
中々、大変でした。
 
 
しかし、その当時の
「言っちゃったよ~~」
とかを伝えた一連の人たちは、
営業成績が伸びず、
 
その後会社を退職されたりと
生き残りは厳しい状況でした。
 
 
 

物事の捉え方

私は、物事はなんでも斜めから
見ずに素直に受け止める事
時には必要かと思います。
 
また、このアフリカの靴屋さん
の話から、
実際に営業をして分かる事
 
今の日本で手つかずの
何もない市場は、実はそう単純
ではありません。
 
全く認知されていない商品
サービスに対するニーズを
生み出すのは非常に大変です。
 
 
ポジションとして、商品が
展開できるのか?
とか少し変化を加えれば
ポジション成立が出来るのか?
 
 
或は革新的なサービス
提供していくのか?
 
 
などを考えて、少しアイディアを
加えていく必要もあります。
 
ライバルがいることは、市場に
ニーズがある事でもあります。
 
 
ニーズがある方が売るときには
売りやすい状況ですね。
 
今だから言える結論としては
トップセールスは
 
「靴を履いていても、履いて
いなくても売れる」
 
と言う事です。
 
頭を柔らかくして、物事を
捉えていく柔軟性が大切ですね。
 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事