過去の自分と決別するには

過去の自分との決別をするには

ネガティブ思考の置き換え

過去の自分と決別するためには思考方法を変えていく必要あり、
少しコツがいります。
 
 
自分の目標を達成するためには
繰り返し、繰り返しポジティブな思考を
脳に植え付けることが必要になります。
 
何故ならば、
1日に4~5万の思考が浮かび
その80%がネガティブな思考
だからです。
 
 
 

自分に繰り返し言い聞かせる時の「コツ」

この繰り返し、繰り返し自分に言い聞かせる時のコツを
お伝えします。
 
 
 
 
肯定的な表現にします。
 
 例えば)
 「朝寝坊しない」
  ではなく、
 
 「元気よく爽やかに6:00に起きる」
 というような表現方法に
 変えます。
 
 現在形にします。
 
 例えば)
 「綾瀬はるかのようになりたい」
 ではなく
 
 
 「私は9号のサイズがぴったり
 体重は53kgです
 とします。
 
 
 
 ・インパクトを強め、
  覚えやすいように簡潔にします。
 
 
 
 前向きで、将来性があり、
  自分を支えられる宣言にします。
 
 
 
 「新しいこと」に集中させます。
  
 
  現実を変えたり、現実に抵抗をするのではなく、新しいものを
  作り出すのだと思いを込めます。
 
 
  例えば)
  
  「新しい仕事の作戦やシナリオにも楽しみながら挑戦をする」
  とします。
 
 
 
 ・真実であるかのように振る舞います。
  現時点の真実であるように刷り込み、思い込ませると
  新しいパワフルな思考を潜在意識に刷り込ませられます。
 
  そうすることが目標への行動が迅速化されます。
 
 
 ・あなた自身の名前を入れていきます。
 
 
 例えば)
  A(自分の名前)は、常に前向きで、エネルギーに満ち溢れている」
  などとします。
 
 
 感情を込めます。
 
 
  過去のプログラムに左右されて現在が作られますが、
 
 
  ここを書き換えるわけですから通常以上のエネルギーがいります。
 
  感情が活性化してくれます。
 
  言葉よりも大切なのが感情です。
 
 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事