後悔しない「女性の扱い方」!!

後悔しない「女性の扱い方」!!

女性の脳みそ

私は長年会社でサラリーマンを
やってきましたが、
 
男性上司の人は、女性の部下
扱い方に手をやいている人が
多かったように思います。
 
 
何かあると、女性である、
私のところに育成をお願い
されました。
 
 
そもそも脳みそが違います。
 
扱いを間違えると、組織から
抹殺なんてこともあり得ることが
あります。
 
怖いですね・・・
 
 

ギリシャ神話「ゼウスとヘラ」

ここで問題です。
突然ですが、
ギリシャ神話の中で、あなたは
どの神様になりたいでしょうか?
 
全知全能の大神ゼウス!
と言われる方も多いと思います。
 
しかし、彼を越える神がいました。
それはゼウスの正妻の「ヘラ」です。
 
ゼウスは相手が神だろうが、
人間だろうが誰であろうと、浮気を
してしまう神でした。
 
ヘラはそんな夫をどう操縦したのか?
というお話です。
 
ある日突然、空が暗くなりました。
 
 
ヘラは、「夫のゼウスが、明るみに
出せない所業を隠すために
雲を起こして暗くしたに違いないと
思います」
雲を払いのけると、
夫は美しい雌牛を撫でています。
 
ゼウスは、とっさに「まずい」
察知して、瞬間的に美しい女性を
雌牛に変えたのです
 
ヘラは女の直感で、妙に匂うな?と
感じたわけです。
 
しかし、正面からは怒らず、
事を荒立てません。
 
 
それをやるのは、簡単だけれども
頭のいいヘラは、そうはしません。
 
雌牛を見て、「たいそう美しい」
大人の対応をします。
 
本当の大物は、直接指示をせず、
足がつかない仕組みを
取ります。
 
ヘラは、夫に
「これは何という生き物ですか?」
と聞きます。
 
夫は
「今度、地上に新しく出来た生き物だ」
と答えます。
 
ヘラは
「それならば、私に贈り物として
ください」
 
と言う事で、生け捕りです
 
 
ゼウスは自分の浮気相手を、黙って
差し出すしかありません。
 
素晴らしいヘラの交渉力です。
その後、ヘラは雌牛を怪物アルゴスに
引き渡して、監視下に置きます。
 
この続きもありますが、
長くなりますので、
この辺にします。
 
 
さて、私は長年営業の仕事
やってきましたが、
経営者相手の営業マン
経営者の中には
「奥さんの言う事だけには
逆らえない」
という人が結構多くいます。
 
経営者ばかりではなく、
奥様の心をつかむことも
とても大切です。
 
会社の男性上司の方も
女性を敵にまわさず、味方に
つけることは、
 
とても大切ですので
心得ておかれるといいと思います。

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事