心豊かに生きよう!!

心豊かに生きよう!!

サラリーマン時代の覚悟!

私は長年勤めた会社を定年退職を
して、起業をしました。
 
還暦を迎えた後に、起業するなんて
思いもしませんでした。
 
40歳の時に会社に再度入社を
した時には、60歳までは
サラリーマンで頑張りたいと
思いました。
 
そして覚悟もしました。
 
 
どんなことがあっても、
子供の手前、続けるんだとも
思いました。
 
 

自分自身の年齢の受け止め方

若い人たちから見れば、随分
老人だなと思われている
かもしれませんが、
不思議なことに私自身は
あまりそんな感じがしません。
 
 
幸い健康にも恵まれて
まだまだやりたいことが
いっぱいある事
発見しました。
 
 
正直なところ、20歳の若者の
ように、これから新天地で
頑張るんだというような
 
歳は取っていられないという
気持ちが正直な心境なんです。
 
 
 

若い時は逆の心境

 
いつもいつもこのような
気持ちで過ごしてきたのか?
と言えば、
 
若い時や特に50歳前後は、
なんです。
 
ため息をつくことが多かった
気がします。
 
 
ストレスの方が強かったかも
知れません。
 
 
もう、こんな歳になって
しまったんだ、
歳を意識しました。
 
 
 
責任という重いテーマ
あったからかもしれません。
 
 

現在の心境は?

そして、現在は逆に次第に
若返ってきているような
気がします。
外見は、どうしようも
ないのですが、
内面は挑戦をする気持ちが
日増しに強いのです
 
 
不思議な事に子育ても終わり
サラリーマンも卒業をして
いつも自分が自分に質問
しているのです。
 
このまま終わっていいのか?
 
 
自分が世の中に貢献できる
ことって、あるんじゃないのか?
 
 
やり残しはないのか?
 
 
小さい時の夢を果たさなくて
いいのか?
 
 
と、常に自問自答を繰り返して
いるのです。
 
 
不思議とこんな私を見て
世の中の人が、
「お歳を聞いて、びっくりしました。
お若いですね。」
といってくれる人が
多くなりました。
 
お世辞だとわかってはいるのですが
褒められると、
内心嬉しくなるんですね
 
そうなら、これから益々、
若くなってやろう・・・
なんて闘志が湧いてくるのです
 
むしろこれからが、
私の人生の
ような気がするのです。
 
幸い起業をしてからは、
いろいろな人たちから相談を
受けるようになりました
 
そして、元気が出てきた、
 
人は人で支えられるんですね、
 
モヤモヤしていた自分自身の
目標が見えてきた、
 
 
頑張りたいと目をキラキラさせる
姿を見ると
本当に嬉しいと思えます。
 
 

人は一人では生きられない

人間は一人では生きられない、
と改めて思います。
 
 
人には寿命があります。
それに対して悲観したり
動揺する必要も
ないのですが
 
自分の生命がある限り
人のお役に立つような
生きがいを見出したいと
思います。
 
人間は、長短はあれど
それぞれに寿命があります。
 
いつかは、誰しもが死を
迎えます。
 
どうせいつかは死ぬから、
何をやっても仕方ない
何もやらないでおこう
と捉える人もいるでしょう。
 
 
でも私は、
必ず寿命尽きる瞬間まで、
 
自分の仕事をしていたいし、
 
自分の使命に生きたいなと
思います。
 
 
最近になって特に感じるのは
一瞬一瞬を大切に真剣に
取り組んで、一生懸命に
生きようと思う気持ちが
強くなりました。
 
 
やりきったと思える人生
していきたいなと思いますが、
 
皆さんはどう考える
のでしょうか?

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事