人間の欲求、マズローの法則!

人間の欲求、マズローの法則!

マズローの法則とは?

あなたは「マズローの法則」
ご存知でしょうか?
 
 
 
 
もう耳タコという人も
多いかもしれません。
 
 
或は、初めて聞く、何それ?
という人もいるかもしれません。
 
 
マズローの法則とは
アメリカの心理学者で
人間の欲求を低階層から5段階
表したものです。
 
 
「生理的欲求」・「安全欲求」・
「社会的欲求」・「尊厳欲求」・
「自己実現欲求」
 
 
この5つです。
 
 

物質的な欲求から精神的な欲求へ

 
低階層から満たされていくと
より高次の欲求を欲するという
説になります。
 
 
晩年にはさらに、高次の欲求として
「自己超越」の欲求があると
定義しました。
 
 
最初の段階は物質的な欲求から
精神的な充足や満足が人間
なのでしょう。
 
 
 
定年退職をした人などは
特に、この社会的欲求などが
不足することが多く、満たされず
引きこもりになってしまう人も
多いと思います。
 
 
考える
 
 
 
 
 

五つの欲求の詳細

一つひとつの欲求を簡単に
ご紹介しますね。

 
 
 
第一段階の「生理的欲求」とは・・・
例えば食べる・寝るなどの基本的・
本能的な欲求のことです。
 
 
 
第二段階の「安全欲求」とは・・・
自身の安全と、生活や経済的な安定
(住む場所があることや、暮らしていくのに
十分なお金を稼げている等)への欲求
になります。
 
 
第一段階で、”生きていく上で
欠かせない欲求” が満たせたとき、
人はその状況を継続・安定させようと
します。
 
 
 
第三段階の「社会的欲求」とは・・・
所属と愛の欲求とも言います。
例えば 「集団に属したい」、
「仲間が欲しい」といった欲求に
なります。
 
 
 
この欲求が満たされない時、
人は「孤独感」や「社会的不安」
感じるようになります。
 
 
 
第4段階の「尊厳欲求」とは・・・
第三段階で、何かしらの組織や集団に
属した時、次は、「自分が、その集団から
 ”価値ある存在” と認められ、
尊敬されたい」と求めるようになります。
 
承認欲求とも言います。
 
 
 
 
第5段階の「自己実現欲求」とは・・・
人間は成長したいという欲求
あります。
 
 
自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、
「あるべき自分」になりたいという
欲求になります。
 
 
第2段階までは「衣・食・住」
満たしたい物質的欲求になりますが
第3段階からは精神的な欲求になります。
 
 
 

定年退職や人生の岐路の時の欲求

なので、定年退職後や人生の岐路
立った時に、何か心が満たされないなどの
時には、この社会性や所属したいという
欲求に駆られます。
 
 
 
また、現代を見ると閉塞感が漂い
今の生活を維持して、目の前の問題解決
必死。
 
 
 
まして将来の「あるべき自分の姿」などは
考えもしない人が殆どだと思います。
 
 
より良い人生にするためには
マズローの法則に沿えば、
「自己実現する、あるべき姿の自分」
があるわけですから、
 
 
 
「自分のあるべき姿」を決断する
必要があります。
 
 
 
 
 
 
そうでなければ、具体的に何をしたら
いいのか?
どう挑戦をしたらよいのか?
なども見えないわけです。
 
 
 
方向が定まれば、「今すべきこと」
計画も出来てきますので
 
 
 
より良い人生にするためにも
一度立ち止まって、自分自身に
向き合ってみませんか?
 
 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事