ライバルにしてはいけない相手!

ライバルにしてはいけない相手!

「個」から「世界」に発信の時代!!

「時代の変化」・「先見の明」
を見る必要がある
なんていわれる時代ですね。
 
 
インターネットの登場で、
今は「個」から、「世界」
に発信をすることも
可能な時代になりました。
 
 
時代の変化とともに、自分たちの考え
方もどんどん変える必要
あります。
 

ライバルにしてはいけない相手!!

 定年後に起業をする人や
個人事業主も
増えましたが、
ライバルにしてはいけない相手
のお話をします。
 
 
 
 
ライバルにしてはいけないのは、その
業界で「大きな会社」正面から戦う
ことや、
 
「大きな会社」の真似をして
ライバルにしてはいけない事です。
 
 

勝つ軍配を上げるためには?

勝ち目を持つためには、
「大きな会社」が持って
いない魅力
をアピールすることが大切です。
 
 
つまり、「大きな会社」が武器にして
いる魅力のために、あきらめるしかな
かった別の魅力を届けると言う事です。
 
 

方法としては?

方法としては、アイディアも勿論
とても大切です。
 
 
しかし、
もっと上手くいき確率が高い
ものとして、
 
失われた顧客の購買
パターンに忍び込む
 
というものです。
 
 

例えばどういうことですか?

コトバが難しいですね。
少し平たく言いますね。
 
例えば、新しくテレビを購入
しようと思います。
 
各社、よく似た商品が並んでいます。
どれも同じに見えます。
 
でも
どうしてAテレビは、Bテレビと値段
が違うのだろう?
 
どうしてAテレビは画質が少し、
色が少し違うのだろう?
 
 
などなど、お話を聞きたくても、店員さん
は、少なくてその辺にいません。
 
 
また、他の店員さんを探して聞くにも、
さっぱり分からず
 
今日は買わないかもしれないけれど
少しお話だけと、繰り返し
聞いたら、嫌な顔をされてしまった。
 
なんて経験をお持ちではないでしょうか?
 
 
安さを追求し大量の商品を販売している
家電量販店なら、
 
社員教育にお金をかける
よりも、もっと安くする方向
お金をかけるのが通常の状況かと思います。
 
 
次にインターネットで検索をすると、
溢れるほどの情報が、
山のように出てきます。
 
 
しかし、どの情報が正しくて、
何を信じたらいいのか?
 
 
逆に情報が多すぎて混乱
してしまいます。
 
 
こんな時に、
信頼できる、家電をよく知っている人が、
 
現在の商品に対する不安を
解消してくれて、
商品を導き出してくれた
ら、満足感と共に、
 
高い買い物で失敗を
したと言う事もありません。
 
 

ココがポイント!!

そうです・・・・
 
ポイントはココです!!
 
 
 
 
この大企業や便利だけれども情報氾濫など
スキマ部分を狙う事
できたら~~と思いませんか?
 
 
それこそ、今流行りの言葉で言えば
「情報コンシェルジュ!」
です。
 
 
と言う事は、お客さまにとって、信頼で
きる情報源になることであり、
関係性を築くことが出来れば、
売る事はラクになります。
 
 
大きな会社は真似ができません。
 
 
何故なら、大きな会社が最も苦手
としている部分です。
 
 

大会社の戦略は?

大きな会社は、誰がやっても同じような
結果が出せれるような
ビジネスプラン導入します。
 
短期間で一気に売上拡大
という路線をひきます!!
 
 
誰がやっても同じように、標準化をして
お客さんには同一のサービスを提供しま
す。
 
それが、大企業のウリであり安心感なの
です。
 

スキマ産業!

だから、
この出来ない部分を
やっていく
わけです。
 
 
メルマガ・ブログ・フェイスブックなど
が、お手軽に始められ、お金もほとんど
かかりません。
 
 
ということで、
顧客にとって信頼できる
情報源になり、
関係性を作るには、
 
先ずは、この3大活用がおススメです!!

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事