「役職定年」で居場所を見失う人たち

「役職定年」で居場所を見失う人たち

「役職定年」てご存知でしょうか?

会社によっても年齢の違いはあります
55歳ころになると、「役定」、
いわゆる「役職定年」というのが
始まります。
 
 
 
 
 
第一生命主催のサラリーマン川柳に
こんなのがありました。
 
「定年前 仲人した男(こ)の
部下になり」(淋人)
 
 
まさに50代のサラリーマンの悲哀
込めた川柳で、複雑な心境が込め
られている気がするので、少しも
笑えない。
 
 
 
 当の本人にしてみれば、
「もう自分は会社にとって要らない
存在かも……」という気持ちに
させられているのでしょう。
 
 
 
役職定年制、略して「役定」は、
50代にして管理職から降ろされる
ことであります。
 
 
 
課長・部長・○○長と呼ばれて
いた人が一夜にしてヒラになり、
参事など意味不明な肩書きを
もらうことになります。
 
 
 
管理職から降りたといっても、
実際にやる仕事は従前とあまり
変わらない場合が多い状況です。
 
 
責任の大きさも変わらない。
 
 
変わるのは給与の方で、ガタッと
落ちるのがフツーです。
 
 
 

精神的にも辛い制度!!

 
このように「役定」を迎えた
中高年サラリーマンは、役員を
除いて、仮に能力が落ちて
いなかったとしても、年齢という
壁に阻まれて、ドスンと
落とされてしまいます。
 
 
 
「役職定年」は、会社にはいい
制度かもしれないが、
当の本人には、酷な制度です。
 
 
 
40代や50代前半の働き盛りの頃
サラリーマンの中で、考えている
人は、殆どいないのではないで
しょうか?
 
 
 
というより
 
 
 
分かっていないという言い方の方が
適切かもしれません。
 
それは、
割りと「ある日突然」のイメージ
です!!
 
 
 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事