管理職が「嘱託」になる日

管理職が「嘱託」になる日

65歳過ぎてからはどうなるの?

65歳まで継続雇用が義務化されました
が、多くの企業は60歳が定年の状況
です。

 

 

 

それ以降はどうなるか?

 

 

 

というと雇用の形態は「嘱託」という
わかりずらい立場になる事が一般的
です。

 

 

 

お給与は7割から5割まで下がる事
多い状況です。

 

 

 

定年後の再雇用での会社での居心地は
必ずしもいいものとは限りません。

 

 

 

「嘱託」と呼ばれる日!

「嘱託」と呼ばれることが多く、
旧組織のメンバーから、

 

今までは○○課長、○○部長と
呼ばれていたのに、定年を境に
「嘱託さん」と呼ばれると
どんな気持ちになるでしょう。

 

 

 

あまりいい気分にはなりません。

 

 

 

 

「もうあなたには期待はしていませんヨ

と言われているようで気持ちは
限りなく落ちてしまいます。

 

 

 

昔のイメージの50代~60代と
現在の50代~60代のイメージ
相当違います。

 

 

 

現在は非常に若いです!!

 

 

 

能力という物差しではなく、
年齢という物差しで測られて
しまう「定年」と「定年後の
再雇用」の現代の制度

 

 

定年 物差し 尺度

 

 

その時が来るのを待っている
のではなく、少し前から準備
必要だと思いませんか?

 

 

 

自分を大切にしたいと
思いませんか?

 

 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事