イソップ童話の「二匹のカエル」より

イソップ童話の「二匹のカエル」より

「二匹のカエル」のお話

皆様からリクエストが多かった
イソップ物語から
今回はお話をします。
 
 
 
 
 
「二匹の蛙は隣同士でした。
一匹は世間の目から遠く離れた
深い沼に住んでいて、
 
もう一匹は田舎道を横切る
あまり水の無い溝に
住んでいました。
 
 
 
沼に住んでいた蛙は、友達に
住まいを変えるように注意し、
 
 
こっちへ来て一緒に住んでくれ、
その方がもっと安全だし、
食べ物も豊富だよ、
と言いました。
 
 
もう一匹は、住み慣れたところを
離れるのは厳しいと思うから、
と言って断りました。
 
 
 
数日後、重い荷車がその溝を
通り抜け、車輪でその蛙を
押し潰し、殺してしまいました。」
 
 
如何でしょうか?
 
 

現代に置き換えてみると・・・

 
現代の人間の世界でも同様の
が起きていませんか?
 
 
考えさせられますね・・・
 
 
変化や挑戦をしなくては
いけない時期に来ていても
 
 
目先ばかり、
安定を好むばかりに
 
逆に厳しい状況に
追い込まれているという
ことはありませんか?
 
 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事