小泉進次郎のプレゼンに学べ!!

小泉進次郎のプレゼンに学べ!!

プレゼンの上手い人と聞いて?

プレゼンテーションの上手い人
というとどなたを
思い浮かべますか?
 
 
 
 
 
先日ある雑誌を読んでいたら
小泉進次郎の話が書いてありました。
 
確かにプレゼン能力は親譲りで
生まれ持ったものもあると
思います。
 
 
ある人は、 「間」の取り方
上手さがある
とか、
 
具体的な数字の使い方が上手い
などと言う人もいます。
 
 

なぜ、引き付けるのでしょうか?

なぜ人をこうも引き付けるの
でしょうか?
 
 
そして、このコツをつかめば
商談やプレゼンテーションにも
応用が利きそうです。
 
 
組織は人の集まりです
いくら素晴らしい企画を考えても
それを響く言葉で伝えて
「さあ、やろう!」
 
と皆が感動をして実行
移さなければ、宝の持ち腐れに
なってしまい、
「絵に描いた餅」
で終わってしまいます。
 
 

小泉進次郎のプレゼンを分析!

小泉進次郎のプレゼンのうまさは
 
自分の伝えたいことを
ギリギリまでシンプルに簡潔
した心に響く言葉
話せる能力があるからでは
ないでしょうか?
 
それは、生まれ持ったものなのか
或は、訓練によるものなのか?
 
は分かりませんが、小泉純一郎も
そうなので、そのようにまとめる
力が強いのかもしれません。
 
ということで、ポイントをまとめますと
 
・自分の伝えたいことを、
 できるだけシンプルに、短い
 フレーズにまとめる。
 
・聞く人は、1回に3~5つ程度
 しか理解できない
 
・行動に移してもらうには
 論理プラス感情の言葉を入れる
 
・相手の気持ちを推測しながら
 話を進める
こんなことにポイントをおいて
話をしてみましょう。
 
 

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事