人から好かれるために!

人から好かれるために!

人が変わっていく時

人は変わらないから、自分が変わる
しかないんだよ・・・
 
これは、会社員時代の研修時に習った
ものです。
 
 
確かにそうなんですが、人との折衝に
おいて人が変わっていくな・・・
と思う瞬間があります。
 
 

人が聞く耳を持つときは?

それは、
人が自分の話すことをどんな
時に聞いているか
ということです。
 
自分のことを批判ばかり
する人の元で
は、聞く耳を持ちたくありませんよね!
 
 
いくら正しいことを言っていたとしても、
 
この人は自分のことを
批判ばかりする人だ・・・
 
というレッテルを貼ると、
自然に体が防衛してしまいますね。
 
 

指導や叱るときには?

立場上、人のマネージメントをしたり、
人との折衝をどうしてもやらねければ
いけない立場であった時に・・・
 
 
指導をするとか、叱らなければならない
ときに、どんな方法
取っていますか?
 
 
人間にはプライドがありますから、
 
恥をかかすような、
皆の前で叱るのは避けた方
 
がいいでしょう。
 
 
また、
最初にほめてから、
本題に入る
ことをお勧めします。
 
何故なら、最初にほめることにより、
相手は心を開いてくれます。
そして、聴く姿勢が整います。
 
そして、ほめてくれたことで、相手は
肯定をしてくれる人であり、信頼でき
そうだと受け入れてくれます
 
最後に本題に入るとすんなりと言いた
いことが言えて、伝わるものです
 
 
頭ごなしに叱っても、
伝わらないばかりか、
相手は嫌悪感を感じてしまい
本題も伝わらず、本末転倒になって
しまいます。
人に好かれながら、
伝える事を伝える
には、まずは、
「人をほめる」
ことから始めましょう!!

一日5分!!セカンドライフ、 輝くあなたの未来スタイルを手に入れる人生教科書メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事